FC2ブログ

JavaFXはリッチWebアプリケーションの主役になれるか 2/2

デベロップメント

JavaFX サンマイクロシステムズ

http://www.javafx.com/ JavaFX

http://www.javafx.com/



【PC World 2008/8/27】【Info World 2008/8/29】
さて、前回の続きです。「PC Info」から辛口の評価を受けたJavaFXですが、 悪いニュースばかりではありません。今回はJavaFXに対するポジティブな意見を紹介いたします。

先ず最初に、今公開されているモジュールはプレビュー版であることを忘れないでください。パフォーマンスの悪さを指摘した「PC Info」のプレビューチームですが、恐らくはコードの最適化は不完全でディバッグコードも大量に含まれていることが原因でしょう。リリースまでにどの程度まで改善されるかを見守る必要があります。

次に生産性については「PC Info」のレビューはクライアントサイドだけを考えた場合です。もう少し視点を広げて、サーバーサイドも含めた包括的な生産性を考えた場合、事情はすこし異なる思われます。サンマイクロシステムズ曰くJavaFXはJavaとJavaScriptのハイブリッドだそうです。確かにコードはJavaライクな物でJavaの経験を持つ技術者は容易に理解できるでしょう。例えばFlash+Ajax+PHPの組み合わせでリッチWebアプリケーションを構築するとしましょう。サーバーサイドの技術担当者がFlashのActionScriptを熟知しているとは限りません。その逆もしかりです。 またFlashは以前からデザインとコードの分離が難しいことが問題視されてきました。その点はJavaFXは考慮されておりデザイナーとプログラマの仕事の分担が可能です。これらの事から一概に生産性が悪いとは言い切れないかもしれません。

最後にローカルファイルへのアクセスにについですが、これはセキュリティを考慮してのことなのか、はたまたプレビュー版ゆえの制約なのかは現在の正式な発表が無いため分かりません。ただし、Runtimeの作り次第では技術的に可能ではないかと思われます。

サンマイクロシステムズのJava One 2008での公式発表によるとJavaFX 1.0のSDKとディスクトップランタイムは2008年秋にモバイル用ランタイムは2009年春にリリースだそうです。素直に良い物がリリースされることを期待したいですね。

参考記事1
参考記事2


■関連記事
JavaFXはリッチWebアプリケーションの主役になれるか 1/2
JavaFXはリッチWebアプリケーションの主役になれるか 2/2

スポンサーサイト



newsing it! livedoor clip Buzzurl Yahoo! みんなのトピック Choix はてな

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |